広いマンションを購入する場合、間取りを考慮して広さを生かしたものにする必要があります。

ずっと住み続けるマンション購入で大切なこと

間取りの決め方

家を購入するというのは人生の中でも一度歩かないかの大きなイベントです。
それで、慎重に調べて購入します。
一戸建ての家を購入する人もいますが、マンションの購入を希望する人も多くいます。
特に東京、神奈川などの都会に住んでいる人にとって、マンションを購入するというのは、家を購入するときの実際的な方法かもしれません。
一言にマンションと言っても多くのデザインのものがありますし、間取りも様々です。
立地条件、間取り、その他の施設がどれくらい充実しているか等、様々な点を考慮して決めていきます。
また、間取りと言ってもどれくらいの広さのマンションを購入するのか、何人の家族がそこに住むのか等、その人の置かれた条件によって、選ぶ間取りは変わってきます。
間取りは、新築の場合、ある程度自分の希望を反映してもらえる場合もあるようです。
首都圏内の分譲マンションの平均面積は70平方メートル〜80平方メートル程度の3LDKが主流となっていますが、都心部から少し離れた所だと、100平方メートル以上の大きな物件が手に入りやすい価格で出ているということもあります。
そのような広い間取りのマンションを購入することにした場合、広さを生かし、より一層広々と感じるためには間取りが大切な役割を果たします。
例えば、玄関の位置がどこにあるかによって間取りは大きく変わります。
玄関が家の中心部分についている場合、部屋と部屋を結ぶ導線となる廊下の位置が中心になります。
中心に短くついているだけで各部屋に移動が可能になります。
しかし、玄関が端についている場合、廊下も多く必要になります。
家が広ければ広いだけ廊下の長さも長くなりその分家に占める廊下の面積も大きくなります。
このように考えると廊下一つで与える印象は大きく変わるようです。
それで玄関がどの位置にあるかを考える事は大切です。
また、部屋の形が三角型、扇型などの不整形になっている場合、また、正方形に近い形の場合、家具の置き方が難しい場合があります。
それによって部屋自体は広いのに、家具を置くとなんだか狭く感じてしまうということもあり得ます。
それでどれだけ広いのかということだけでなく、どんな部屋の形をしているのかということも考えて間取りを選ぶことは大切です。
また柱の位置が中途半端なところにある場合、やはり家具の置く位置にも見た目にも影響します。
こう言ったことをよく考えながら間取りを考慮していくことはとても大切です。
小さなことですがずっと住み続けることを考えて決定していくことをお勧めします。
あとで読む

Copyright (C)2014ずっと住み続けるマンション購入で大切なこと.All rights reserved.